家賃不払いの心配をなくす|小さな土地でも不動産売却で大金をゲットできるかも

小さな土地でも不動産売却で大金をゲットできるかも

家賃不払いの心配をなくす

積み木

悩む必要がなくなります

賃貸マンションを持つ大家にとって、賃借人の家賃滞納はとても大きな悩みの種になります。いくら部屋が埋まっていたとしても、そこに住んでいる人が家賃を支払ってくれないのであれば、1円の儲けにもなりません。家賃を支払ってくれない住人など追い出してしまえばよいだけだと言う人が多いですが、法律は賃借人の権利を厚く保護しています。大家は、家賃滞納を理由に賃借人に対して退去を求めることはできますが、勝手に留守宅に上がり込んで室内の荷物を運び出してしまうようなことまではできません。私人による自力救済は認められていませんから、賃借人が退去請求に任意で応じようとしない場合は、裁判所に強制執行を申し立てる必要があります。この手続きがなかなか面倒なので、実際には多くの大家が不心得者の賃借人にタダで部屋を使われてしまっています。そういう大家の悩みを解決するために生まれたのが、家賃保証というシステムです。家賃保証会社と保証契約を結んでおけば、賃借人が家賃を支払わなくても、家賃保証会社がちゃんと支払ってくれます。家賃滞納で頭を悩ませる必要がなくなるため、多くの大家が家賃保証会社を利用しています。

普及の背景

家賃保証システムは、社会全体の高齢化と核家族化を背景に普及しました。昔は身内を連帯保証人にしない限り、部屋を借りることができない仕組みになっていました。賃借人が家賃を支払ってくれなくても、連帯保証人が必ず支払ってくれるという安心感があったからこそ、大家は見知らぬ他人に部屋を貸すことができたわけです。しかし、賃借人と連帯保証人の両方の高齢化が進んだ結果、このシステムが上手く機能しなくなりました。また、人間関係の希薄化が進んでいる現代社会では、わざわざ進んで他人の債務をかぶろうとする人など皆無になってしまいました。このような状況で連帯保証人を立てることを契約締結の必須条件にしていると、賃借人だけでなく大家まで窮地に追い詰められてしまうことになります。そのため、最近では、家賃保証会社と保証委託契約を結ぶことを義務付ける賃貸マンションが増えてきました。